2013年12月15日

一里野は銀世界(雪の恵み)

昨日、今日と降り続く雪ですっぽりおおわれた一里野はすっかり銀世界に早変わりしてしまいました。

先日、金沢大学の青木先生の「白山手取川ジオパーク」のお話をお聞きしてきたばかりで、雪をみる感覚がいつもとはちょっと違ってみえます。

私たち白山麓は世界的にみても実に珍しい環境にあるのです。

地球的にみると白山麓は赤道に近い位置にあり、稀な低緯度地帯に近い豪雪地帯なのです。

霊峰白山に積もる雪が1年を通して、様々な命に必要な「水」を与えてくれます。

今、重要な社会問題の1つ、エネルギー。白山麓には手取川ダム、水力発電所があります。

おかげで便利な生活ができます。この生活も多くの方々に支えられてできるのです。

また白山からのその「水」は伏流水となって、美味しい「水」、美味しい山菜、美味しい川魚、美味しい堅豆腐、美味しいお酒、などなど。

雪の恩恵は多くあります。

そしてその怖さも知っています。

そして楽しさも知っています。

その「雪」と一緒に過ごす日々がいよいよ始まりました。雪




posted by ツル at 11:42| Comment(0) | 雪、雪また雪