2017年09月28日

アサギマダラ蝶

P1050926.JPG

一里野にも毎年6月ごろからやってくるアサギマダラ蝶についての講習会があり、とても興味深い話でした。
子供のころに戻ったような感覚。
昆虫や蝶の話を聞くことができるなんて・・・

講師は尾口地区の中村明男氏。
アサギマダラ蝶のマーキング歴も長いそうです。

一里野周辺にはイブキトラノオ、ヒヨドリソウ、イケマ、フジバカマ、アザミなどアサギマダラ蝶が好む山野草が多くあります。
この山野草にはアルカロイドが含まれていて、それは毒性があり、その蜜を吸うアサギマダラ蝶も体内に毒をもっています。それによって、天敵も少ないようです。

約8ヶ月ほどの寿命のあいだに2000km近くの距離を飛んで、世界中に子孫を残して逝く、謎の多い蝶なのです。
まだまだ、解明されていないことのほうが多いアサギマダラ蝶ですが、日本では研究している方もいるとか。
是非、もっと知りたいですね。


P1050925.JPG




posted by ツル at 20:45| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: